岐阜関カントリー倶楽部について

岐阜関カントリー倶楽部の歴史

岐阜関カントリー倶楽部の歴史3

昭和48年10月、日本プロゴルフ選手権開催。最終日雨の中、青木功が13アンダーの記録的スコアで優勝。(東コース開催)
昭和49年8月、関西プロセニアゴルフ選手権開催。炎熱の下、石井迪夫が優勝。(東コース開催)
昭和62年8月、日経カップ中村寅吉メモリアルトーナメント開催。
最終日は、将司、直道の尾崎兄弟が最終組で多くのギャラリー を沸かせた。優勝は2アンダーでスタートの芹沢信雄。
1ラウンド23というパット数がこの日5アンダーを生み、 通産7アンダーで優勝を手にした。 平成2年6月、西コースで
日本女子オープンゴルフ選手権開催。岐阜関CC育ちの森口祐子プロが、樋口久子、黄玥珡 を2ストロークおさえて2度目の優勝。
平成7年6月、新クラブハウスは15ヶ月の工期をかけて落成。
「会員の為の会員の倶楽部」の信条にふさわしく、 事務室・役員室は質素、食堂・ラウンジなどは品格ある雰囲気をもつ建物となった。
同年7月、日本アマチュアゴルフ選手権を開催。近畿大学生杉本周作がプレーオフの1ホール目でベテラン阪田哲男を 下ろして
2年連続2度目の優勝を果たした。
ナショナルワイドのビッグイベントが続き、東コースのワングリーン化も終わり、名門への階段を昇り続ける 岐阜関カントリー倶楽部。
平成21年9月には、日本女子プロゴルフ選手権、平成24年10月には、国民体育大会ぎふ清流国体ゴルフ競技が開催された。

第42回 日本女子ゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯(平成21年9月10日~13日)

平成21年9月10日から4日間に亘り「第42回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が開催された。
今回で42回を数えた本大会は、ハードなセッティングの中で最高のパフォーマンスを見せたものだけに与えられるメジャータイトルである。
諸見里しのぶ選手が安定したプレーで首位を堅守、1万6000人を超えるギャラリーを集めた最終日には、2位に6打差をつけ2週連続の優勝を遂げた。年間6勝目、公式戦2連勝、2週連続優勝となるこの勝利は、賞金女王レースのトップを走る実力を示すかのような圧勝だった。

それでも「海外選手が来ていたら、もっとアンダーが出る」(諸見里)と、自分に言い聞かせていたという。

第67回 国民体育大会ぎふ清流国体 ゴルフ競技(成年・少年男子の部)平成24年10月4日~6日

平成24年9月29日から10月9日に岐阜県で"ぎふ清流国体"が開催された。39ある正式競技の中、ゴルフ競技は当岐阜関カントリー倶楽部が競技会場となり、成年男子の部は東コース、少年男子の部は西コースで行われた。

3名1チームによる2日間のトータルスコアで争われる競技は熱戦が繰り広げられ、成年男子の部は神奈川県、少年男子の部は香川県がともに初優勝を飾った。

第82回 日本オープンゴルフ選手権大会(平成29年10月12日~15日)

平成29年10月12日から4日間に亘り、「第82回日本オープンゴルフ選手権」が開催された。
日本オープンと相性バツグンの池田勇太選手と、アマのコースレコードを更新した金谷拓実選手がまれにみる名勝負を繰り広げ、
最終ホールでバーディを奪えなかった金谷選手を振り切り、プロの誇りを貫いた池田選手が日本オープンの2度目の栄光に輝いた。

池田選手は、ホールアウト後に疲れた表情を見せながら「もっと楽に勝ちたかった。日本オープンで勝つって難しいですね」と。
その後に語った「プロならアマに負けちゃいけない。プライドがある」という言葉通り、重責を果たしたという表情が印象的だった。

◆ 岐阜関カントリー倶楽部年譜 ◆

1963年 9月16日 関カントリークラブ創立総会開催
山田丈夫(初代)理事長就任
  10月15日 関カントリークラブ起工式
       コース設計者:上田 治
  クラブハウス設計者:山田寿郎設計事務所
 施工者:大日本土木株式会社
1964年 2月1日 クラブマーク決定(SCC)
  11月29日 仮開場記念 招待競技開催
1965年 6月6日 併設遊園地(日日ガーデン)開園式
1966年 6月5日 本開場記念式典 高松宮・同妃両殿下臨席
1967年 5月11日~12日 日本プロゴルフシニア選手権開催(戸田藤一郎優勝)
1968年 11月15日 9ホール増設開場記念式典
    名称変更(岐阜関カントリークラブ)
1970年 6月6日~7日 開場5周年記念 会員競技開催
  8月5日~7日 関西プロゴルフ選手権開催(杉原輝雄優勝)
1971年 3月11日 高橋順吉(第2代) 理事長就任
  11月5日 36ホール開場記念 招待競技開催
1973年 10月18日~20日 日本プロゴルフ選手権開催(青木功優勝)
1974年 8月1日~3日 関西プロシニアゴルフ選手権競技開催(石井迪夫優勝)
1975年 5月7日 開場10周年記念招待競技開催
  6月20日~21日 日本プロシニアゴルフ選手権開催
1980年 4月18日~20日 開場15周年記念 岐阜関チェリーカップトーナメント開催(ミヤ・アエ優勝)
  6月7日~8日 開場15周年記念 会員競技開催
1984年 10月 西コース全ベントグリーン改造完了
1985年 5月9日 開場20周年記念 招待競技開催
  5月30日~6月1日 開場20周年記念 会員競技開催
  7月1日 亀井鐵治(第3代)理事長就任
1987年 1月1日 新クラブマークおよび文字使用(岐阜関カントリー倶楽部)
  8月13日~16日 日経カップゴルフトーナメント開催(芹沢信雄優勝)
1988年
 
4月
 
ぎふ中部未来博「未来を拓く」塔モニュメント原型授受
(2007年10月関市へ寄贈) 
1989年 5月5日 開場25周年記念 家族会
  10月19日~20日 日本プログランド・ゴールドシニアゴルフ選手権開催
1990年 6月28日~7月1日 日本女子オープンゴルフ選手権(森口祐子優勝)
  10月17日~18日 日本プログランド・ゴールドシニアゴルフ選手権開催
1995年 6月1日 クラブハウス改築竣工記念披露競技開催(開場30周年)
  7月11日~14日 日本アマチュアゴルフ選手権競技開催
1996年 11月10日 杉山幹夫(第4代)理事長就任
1998年 10月14日~16日 日本シニアゴルフ選手権競技開催
  10月15日~16日 日本ミッドシニア、グランドシニアゴルフ選手権競技
1999年 5月 東コース全ベントグリーン張替工事完了
2002年 1月1日 井上孝二(第5代)理事長就任
  6月21日 下野利昭(第6代)理事長就任
2005年 3月 西コース高麗グリーンのベント化完了
  6月16日~18日 開場40周年記念 会員競技開催
  19日 ファミリーフェスティバル(家族会)
  8月23日~26日 日本学生ゴルフ選手権競技開催
  8月24日~26日 日本女子学生ゴルフ選手権競技開催
2006年 2月2日 東コースワングリーン化工事着手
2007年 9月26日 東コースワングリーン化工事完成
  9月26日~29日 工事完成記念競技開催
2009年 9月10日~13日 日本女子プロゴルフ選手権大会開催(諸見里しのぶ優勝)
2012年 10月4日~6日 国民体育大会ぎふ清流国体 ゴルフ競技(成年・少年男子の部)開催
2014年 6月18日 遠藤宏治(第7代)理事長就任
2017年 10月12日~15日 日本オープンゴルフ選手権開催(池田勇太優勝)

▲ページトップへ